薬剤師夫婦の日常

子供のことや薬の話

【肩脱臼】手術〜リハビリについて

 


 

薬剤師 夫です。

 

今日は私個人の体験談です。

 

私は中学~高校までバスケ部に所属し、バスケ漬けの日々を送っていました。

 

今でもバスケットは見るのもやるのも大好きです。

 

しかし、高校2年の時、私は練習中に大けがをしてまともにバスケができない状態になりました。

 

左肩関節前方脱臼

 

脱臼とは関節が外れること。ヒトの関節の中でも肩の可動域は大変広く、その分脱臼しやすいことで知られています。

 

高校2年の夏合宿、ルーズボール(ボールが弾かれるなどして、どちらのチームのものでもなくなった状態のボール)を取り合った際、ボールに手が引っ掛かり、あらぬ方向に腕が曲がり、「グキッ」っという鈍い音と同時に、左腕に激痛がはしりました。

 

1回目の左肩脱臼です。

 

救急で処置してもらい、何とか関節をもとの位置に戻してもらうことできました。

(肩をもとの位置に戻すには、「脱力して痛みに耐える」という相反することを同時にしなければならないのですが、初めての脱臼だとそれが難しく、なかなかはまらなかったので苦労しました。)

 

外科医の先生からは『脱臼から3週間は三角巾で固定し安静に。』と言われたので、言われた通り安静にしていました。

 

ここで無知だったのが、私は3週間たったと同時にバスケを再開したのです。

(痛みは1週間もすれば消失し、腕を固定している以外は日常生活に全く支障はない状態になっていました。)

 

バスケを再開したその日に2回目の脱臼です。

 

2回目の脱臼以降、肩関節脱臼について詳しく自分で調べ、高校バスケを続けたい一心で、手術の選択肢を除外し、筋トレで肩関節を補うことを選びました。

 

ここでお手本にしたのは、大横綱 千代の富士関です。

 

小柄な体型ながら持ち前の瞬発力と運動神経で大男を投げ倒す横綱も、実は肩の脱臼癖があり、それを補うために腕立てを1日500回以上行い、鋼のような体をつくっていました。

 

私の検証結果は失敗で、現役中は計4回、練習中に脱臼しました。(顧問の先生方には大変ご迷惑をおかけしました。)

 

仲間の支えもあり、なんとかバスケ部を退部することなく、最後の試合にも(控えとしてですが)出場でき、現役生活を終えることができました。

 

その後も幾度となく(おそらく10回以上)脱臼を繰り返し、初めての脱臼から12年後、手術をすることになりました。

 

関節鏡下肩関節唇形成術

 

整形外科の先生方のコミュニティに恵まれ、肩関節脱臼に対する形成術で症例数全国トップクラスの名医に執刀していただけることになり、2018年10月手術していただきました。

 

今回の手術にあたり、「手術直後及びリハビリは痛みを伴うので覚悟しておいてね。」と言われました。

 

正直、手術直後・・・痛みは半端ではなく、とにかく苦痛(特に麻酔明けと導尿中)であり、リハビリ・・・想像の倍以上痛みを伴いましたし、地味な作業の繰り返しで精神的にもハードでした。(元通り動くようになるのかの不安)

 

そして術後半年間こつこつリハビリに通い、2019年4月、来月のMRI検査で問題がなければ、コンタクトスポーツもOKとなります。

 

まぁすぐに復帰をするのは年齢的にも無謀なのでしっかりトレーニングをしてからになると思いますが。

 

社会人になってからの全身麻酔での手術は日数、体力など様々な面で負担がかかるので、『学生の頃にやっておけばよかったなぁ。』と思ったりもしましたが、ある人から「医療は日々進歩しているのだから、今がベストのタイミングだったのだろう。」と言われ妙に納得しました。

 

歳を重ねるとどうしても筋力は低下し関節は柔らかくなるので、転倒などして脱臼するリスクは高まります。

 

今の仕事をしていても、自転車で転倒し肩を脱臼したという方がちらほらいらっしゃいます。

 

一度外れた関節腔には脱臼する通り道が出来上がっている為、十分に用心しなければ、簡単に反復性脱臼へ移行してしまいます。(若い方は特にそのリスクが高い。)

 

皆様の身近にもしそのような方がいたらアドバイスしてあげて下さい。

よろしくお願いします。

 

肩脱臼でお困りのバスケラグビーアメフトされてる方、手術するなら若い時の方が良いそうです。

 

30代の私でも遅いと言われました。

まずは近隣の整形外科の先生に相談を。