薬剤師夫婦の日常

子供のことや薬の話

大学時代の話

 


 

薬剤師 夫です。

 

私達の出会った大学は総合大学で、薬学部だけでなく、文系の学部生も沢山いました。

 

薬学部は基本的に閉鎖的です。

 

あまり他学部との交流は多くなかったように思います。

 

ただし、夢のキャンパスライフとは程遠い、勉強漬けの毎日を送る気の毒な薬学生は、他学部から一目置かれている存在であり、その点では快適な学生生活を送ることができます。

 

プロフィールにも書いたとおり、私達は6年制の薬学部を卒業しています。

 

3年生の時の学内実習班が同じになった事をきっかけに二人で遊びに行くようになり、お付き合いする事になりました。

 

薬剤師 妻は学年でトップの成績、薬剤師 夫は平凡な成績だったので、成績格差がありましたが、二人で仲良く勉強していました。

 

薬学部は一度入ると抜け出せない、まるでアリジゴクのような側面があり、一度足を滑らせると簡単に留年や卒業延期になり、這い上がるのは並大抵のことではありません。

 

二人で励ましあいながら(妻は↑のような心配はありませんが)、なんとか無事、国家試験に合格し、薬剤師になることができました。

 

 

これから薬学部(6年制)に入学する高校生へ

 

薬剤師はとてもやりがいのある仕事です。

 

力仕事が少なく(一部、経腸栄養剤などは重い)、繊細で頭を使う仕事なので女性には特に魅力的な仕事だと思います。

 

国家資格を持つことで社会的な評価も得ることができます。

 

一度とった国家資格は一生ものです。

 

薬剤師の仕事は薬局、病院、製薬会社など、意外と活躍の場は多く、人からはとても感謝される仕事です。

 

ただし、薬剤師になるには6年間大学に通わなければなりません。

 

1年生の頃から勉強に追われる日々を過ごし、4年生には研究室に配属され実験生活が始まり、5年生には現場で実習を行い、6年生で学会発表や卒業論文、卒業試験に加え、国家試験に向けた勉強もしなければなりません。 

 

一般的な輝かしいキャンパスライフとはかけ離れていることは覚悟して頂いた方がいいかもしれません。(とは言いつつも、全く遊べないわけではありません。学生は学生なのでそこそこ息抜きできます。我々夫婦も勉強の合間で神戸のカフェ巡りなどしてました。)

 

以上を踏まえて薬剤師になられた方は、同志としてこれからの薬剤師業界、医療業界を共によくしていきましょう。

 

何か質問などあれば気楽にコメント欄などからメッセージお待ちしてます。